日本ゾル-ゲル学会
The Japanese Sol-Gel Society
English Page

トップページTop page


御案内

日本ゾル-ゲル学会はゾル-ゲル科学技術の確立に向けて、研究成果の情報交換を目的とし、2003年に設立されました。
会員数は2019年12月時点、約270名の皆様に御登録いただいております。

毎年、セミナーと討論会を開催しております。
セミナー、討論会では本分野で著名な講師による講演と活発な討論が行われます。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。


ウェブサイト更新内容・お知らせ

2021.09.10   9月13日、14日開催予定の第19回討論会のZoomのアクセス先を参加者申込者全員にメールで送信しました。メールが届いていない方は、すぐに事務局までメールで連絡をお願いします。

2021.07.01   9月13日、14日開催予定の第19回討論会の内容が決定し、参加・講演申込を開始しました。

2021.05.21   第18回セミナー(20201年5月21日)を開催しました。多数のご参加ありがとうございました。

2021.05.18   主催行事 第19回討論会のを当初の予定から変更し、9月13日、14日にオンライン開催します。

2021.02.15   当会のWeb独自ドメインを取得し、ホームページURLが変更になりました。

2021.01.27   国際会議ご案内を更新いたしました。

2020.09.25   主催行事第17回セミナーが終了いたしました。


主催行事ご案内

第18回セミナー【多孔質材料の機能発現と新展開】
 ・ 2021年5月21日(金)
 ・ オンライン開催
 ・ 会告(URL)

第19回討論会
 ・ 2021年9月13日(月)・14日(火)・オンライン開催(日程変更しました)
 ・ 会告(URL)


協賛行事

会議詳細
日本セラミックス協会第34回秋季シンポジム(以下の12セッション)|2021年9月1~3日|オンライン開催:日本セラミックス協会

・ 水溶液プロセスによるセラミックス合成の新たな可能性―基礎科学の深化が生み出すイノベーション―
・ ランダム系材料の科学 ―構造と相関する機能・物性―
・ 水・空気・資源循環を目指す環境材料と技術
・ 元素ブロック材料:合成から応用展開まで
・ 酸素酸塩材料科学と技術の分野横断的新展開
・ 「組み合わせの科学」によるマルチスケール材料設計
・ 先進セラミックバイオマテリアルの新展開と次世代型材料機能設計指針の構築
・ ナノクリスタルが拓く新しいセラミックス技術
・ フォトセラミックス ~光と色に関わるセラミックスの合成・機能・応用~
・ 材料ハイブリッド化の新展開
・ マテリアルデザインとプロセッシングデザイン
・ 可視化・計測によるセラミックスイノベーション
・ エネルギー変換・貯蔵・輸送セラミックス材料の基礎と応用

会議詳細
SPring-8シンポジウム2021|2021年9月17-18日|オンライン開催:SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)、 高輝度光科学研究センター(JASRI)、理化学研究所 放射光科学研究センター 
会議詳細
第41回電子材料研究討論会|2021年11月4-5日|オンライン開催:日本セラミックス協会電子材料部会 
*当会への協賛申請はこちらをご覧ください

国際会議ご案内

会議詳細
The international Sol-Gel Conference SOLGEL 2021|2021年8月22日~26日2022年7月24日~29日に延期|Lyon, France
会議詳細
ICG Annual Meeting 2021 (Symposium 18:Challenges for solution processing of glasses)|2021年9月5日~8日2021年12月5日~8日に変更|Incheon, Korea

日本ゾル-ゲル学会事務局

〒060-8628
札幌市北区北13条西8丁目 
北海道大学大学院工学研究院 
応用化学部門無機合成化学研究室内
TEL.011-706-6572
E-mail:jpn.sol-gel(at)eng.hokudai.ac.jp


日本ゾル-ゲル学会は国連で採択された
国際ガラス年2022に協賛しています